ゲーム

「俺はガンダムで行く!」ゲーム世界をテーマにした最先端映画!

『レディ・プレイヤー1』が面白すぎて3回視聴してしまった…。
(お昼ごはん中・夜ご飯中・お風呂中or寝る前)

近い未来VRが発達すれば実現できるんじゃないか!?って思うくらい面白くて設定が練りこまれてる作品でした。

それと、VR中はランニングマシンに乗っていないと大変なことになることも教えてもらった!

レディ・プレイヤー1

2045年、人類は思い浮かんだ夢が実現するVRワールド「オアシス」で生活していた。ある日、オアシスの創設者の遺言が発表される。その内容は、オアシスの三つの謎を解いた者に全財産の56兆円とこの世界を与えるというものだった。これを受けて、全世界を巻き込む争奪戦が起こり……。シネマトゥデイ

この映画のオススメポイント

・2018年お祭りバカ騒ぎ超大作!

・日本から「森崎ウィン」が出演!

・しかも「ガンダム」にウィンが搭乗…!?

控えめに言ってマジ最高!!やはりスピルバーグ監督は天才と再確認させられた作品。正直伝えたい部分を伝えるとネタバレになってしまうので、ご自身で鑑賞することを強くオススメします!最初に思ったのがVRを使用したりする環境がSAO(ソード・アート・オンライン)に似てる。とにかくSAO好きも見るべし!

ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル

高校の地下室で居残りを命じられた4人の少年少女は、そこでジュマンジという古いビデオゲームを見つける。プレイしようとキャラクターをチョイスした瞬間、彼らは選んだ人物に変身し、ゲーム内の世界であるジャングルへと移動してしまう。現実とは全く違うキャラクターになった彼らは、カバ、ジャガー、ゾウ、サイの群れなど、次から次へ野生動物と遭遇。危険にさらされながら、何とかゲームをクリアして現実世界に戻ろうとするが……。シネマトゥデイ

この映画のオススメポイント

・1995年以降23年ぶりの続編

・前作から20年後の舞台

・ロック様がゲームオタク!?

コメディ要素が結構強めですが、「笑いあり、涙あり」の王道のワクワク映画になっております!作中はグダグダせずにすっきり見れました。いつもながらマッチョすぎるロック様の中身はゲームオタクなのは、「ゲームとリアルのギャップ」がよりゲームらしく感じました。ライフ(命)が「3つ」あることにより、行動の幅が広がるなどゲームにありがちな設定に注目です!

アサシンクリード

記憶を失った死刑囚のカラム・リンチ(マイケル・ファスベンダー)は、謎の施設に送り込まれ、遺伝子操作によって自分の祖先の記憶を追体験させられる。祖先は、スペインでテンプル騎士団に立ち向かう伝説のアサシン(暗殺者)であり、禁じられた秘宝“エデンの林檎”のありかを知る人物だった。シネマトゥデイ

この映画のオススメポイント

・ゲーム未プレイでも問題なし

・世界観とアクションを大事にする映画

・ゲームと同じくアサシン教団とテンプル騎士団の話

ご存知の方も多いでしょうが、ゲームを映画化した作品になっております。ゲームでの設定を大事に「記憶にシンクロ」など丁寧に作られています。ですが、ゲームを未プレイでも十分に楽しめる映画となっていますのでご安心を!アクションは流石アサクリで神がかってます!しかし2時間という枠には納まりきらない感が否めない…。スタイリッシュなアクションがお好きなら視聴をおすすめ!

Twentieth Century Fox Film Corporation / Photofest / ゲッティ イメージズ

シュガーラッシュ

アクション・ゲーム「フィックス・イット・フェリックス」の敵キャラを30年間も演じているラルフ。人々から嫌われている状況にうんざりしていた彼は、自分のゲームの世界を抜け出してお菓子だらけの世界でレースが繰り広げられるゲーム「シュガー・ラッシュ」の世界へ。そこで彼は、仲間外れにされてレースに出ることを禁止されている少女ヴァネロペと出会う。お互いに孤独を抱えていた彼らは意気投合し、友情を深めていくように。だが、違うゲームのキャラクター同士が遭遇することはゲーム世界のおきてに背く行為であり……。シネマトゥデイ

この映画のオススメポイント

・悪役がメインのお話

・日本のゲームキャラも登場するよ!

・子供向けと思っている大人は絶対見たほうがいい

ディズニー作品の中ではあまり話題になっていませんが、間違いなく面白いです!子供向けと思っている方にはぜひ見てほしいです。設定も面白く、伏線の回収もしっかりされている工夫のある作品となっています。特に伏線の回収ではディズニー映画トップクラスの出来になっていて、ラストは泣いた

ピクセル

地球や人類の文化ついての情報を電波に乗せて、宇宙人との交流を図ろうとしていたプロジェクト。それを宇宙人が受信したものの、彼らは人類からの宣戦布告だと勘違いしてしまう。「パックマン」「ギャラガ」「ディグダグ」「ドンキーコング」「スペースインベーダー」と、送られた情報からテレビゲームについて知った宇宙人たちはそれらに出てくるキャラクターに姿を変えて地球を侵攻し始める。巨大なキャラクターが次々と現れ、都市をブロック化していく事態に世界はパニックに陥り……。シネマトゥデイ

この映画のオススメポイント

・昔懐かしのシルエット

・オタクって良いなと思わせる作品

・神谷明さんの吹き替え半端ないって…

ストーリーも面白いですが、特に映像が素晴らしかった!侵略物の映画かと思うと、ほのぼのした場面も多いですwレトロゲームを知ってる人は特に楽しめる作品だと思います。もちろん知らない人も楽しめます!とりあえずテトリスとドンキーコング知ってればOK!

Sony Pictures Releasing / Photofest / ゲッティ イメージズ

トロン

<blockquoteジェフ・ブリッジスが主演した『トロン』オリジナル版。巨大企業・エンコム社のTVゲーム「宇宙のパラノイア」を完成させ、同僚に全データを横取りされてしまった天才プログラマーのフリンは、物質変換光線により自らを電子回路に送り込む。Amazon

この映画のオススメポイント

・1982年の作品と思えないほどの未来感

・28年ぶりの続編は「トロン・レガシー」

・プログラムの擬人化

今から36年も前の作品とは思えないほどの練られた世界観が素晴らしい。映像や音楽の使い方も流石ディズニー雰囲気作りが上手すぎる。現代からすれば画質やCGは劣りますが、今も楽しめる作品なのは間違いないです!