怪獣

【最新版】恐竜は氷河期で絶滅してなかった!?怪獣映画おすすめ!

恐竜映画=ジュラシック・パークという方は多いと思います。

私もその一人です

はるか昔に存在していた恐竜は今では見ることはできませんが、CGを使えば再現できてしまう素晴らしい世界になりました

ただ再現といってもデザインがないと再現できません。

ある程度の資料はあるとは思いますが、恐竜の細部までCGで再現されているのが本当に凄いと毎回感心させられます

恐竜以外にも存在しない怪獣の再現なんてどんな想像力をしているんでしょうね

今回紹介する怪獣映画たちは怪獣の挙動や鳴き声、デザインなど制作陣の本気が詰まっていますので、未鑑賞作品は絶対見たほうが良いですよ!

ジュラシック・ワールド 炎の王国

ハイブリッド恐竜インドミナス・レックスとT-REXの激しいバトルで崩壊した「ジュラシック・ワールド」があるイスラ・ヌブラル島の火山に、噴火の予兆が見られた。恐竜たちを見殺しにするのか、彼らを救うべきか。テーマパークの運営責任者だったクレア(ブライス・ダラス・ハワード)と恐竜行動学の専門家であるオーウェン(クリス・プラット)は、悩みながらも恐竜救出を決意し島へ向かうが、火山が噴火してしまい……。シネマトゥデイ

この映画のオススメポイント

・氷河期以外の恐竜絶滅説を体験

・お調子者が引っかき回す

・恐竜のグラフィックはシリーズ最高

期待以上に面白い作品で大満足でした!パニック系の前作に比べて社会的問題などストーリーがグッと深くなって引き込まれます。前作の3年後の設定になっているので前作「ジュラシック・ワールド」は観ておくことをオススメします!

(C)Universal Pictures

キングコング 髑髏島の巨神

コンラッド(トム・ヒドルストン)率いる調査遠征隊が、未知の生物を探すべく、神話上の存在とされてきた謎の島に潜入する。しかし、その島は人間が足を踏み入れるべきではない“髑髏島”だった。島には骸骨が散乱しており、さらに岩壁には巨大な手の形をした血の跡を目撃する。そして彼らの前に、神なる存在であるキングコングが出現。人間は、凶暴なキングコングに立ち向かうすべがなく……。シネマトゥデイ

この映画のオススメポイント

・怪獣映画の王道!

・映像で「魅せる」映画

・怪獣=悪魔?神?

B級映画かと思って観たら冒頭のシーンから迫力満点w怪獣vs怪獣のシーンは男のロマンすぎて興奮しっぱなし!怪獣のアクション映画を観たい方には特にオススメ!

(C)2016 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC., LEGENDARY PICTURES PRODUCTIONS, LLC AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC. ALL RIGHTS RESERVED

パシフィック・リム アップライジング

巨大兵器イェーガーを駆使する人類とKAIJUたちとの激闘から10年。今は亡き英雄ペントコストの息子でイェーガー・パイロットとしての活躍を期待されていたジェイクは、環太平洋防衛軍(PPDC)を去って違法なイェーガーのパーツ売買を行っていた。だが、戦地からイェーガーのパーツを盗んでいたアマーラと共に逮捕され、PPDCのパイロット養成施設へ送られる。そこで彼は義姉のマコ(菊地凛子)に命じられ、イェーガー・パイロットの候補生の教官を務めることになる。シネマトゥデイ

この映画のオススメポイント

・進化ロボットの新フォルム

・前作より怪獣がはっきり見えるよ(笑)

・富士山!?

前作がかなり人気だったパシフィック・リムの続編が登場!ロボットはやっぱりカッコイイですね!個人的にコックピットの内部構造が凄い斬新で一番惹かれましたw前作は暗い海上で戦ったり怪獣があまり見にくい事が多かったですが、今回は昼間にも怪獣を見ることが出来るので怪獣ファンは必見!

(C)Legendary Pictures/Universal Pictures.

MEG ザ・モンスター

地球で最も深い海とされるマリアナ海溝以上の深海が発見され、探査チームが最新の潜水艇で調査に乗りだす。チームは世紀の発見に沸き立つが、突如巨大な何かの襲撃を受け、動けなくなってしまう。深海レスキューダイバーのジョナス・テイラー(ジェイソン・ステイサム)が助けに向かうと、200万年前に絶滅したはずの超巨大ザメ、メガロドンが出現する。シネマトゥデイ

この映画のオススメポイント

・ジェイソン・ステイサムの筋肉美が堪能できる

・サメとガチ戦闘

・主人公最強系

大好きなステイサム兄貴が主演ということで個人的に凄く期待していた作品!しかも、巨大ザメ映画って…それだけで見る価値あると思ってました!良い意味でいつものステイサム兄貴の演技で肉体はいつもよりバキバキな気がしました。もはやCGが筋肉なのかと思うほどですw

(C)2018 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC., GRAVITY PICTURES FILM PRODUCTION COMPANY, AND APELLES ENTERTAINMENT, INC.

シン・ゴジラ

東京湾アクアトンネルが崩落する事故が発生。首相官邸での緊急会議で内閣官房副長官・矢口蘭堂(長谷川博己)が、海中に潜む謎の生物が事故を起こした可能性を指摘する。その後、海上に巨大不明生物が出現。さらには鎌倉に上陸し、街を破壊しながら突進していく。政府の緊急対策本部は自衛隊に対し防衛出動命令を下し、“ゴジラ”と名付けられた巨大不明生物に立ち向かうが……。シネマトゥデイ

この映画のオススメポイント

・ゴジラは最初からゴジラの形ではなかった

・リアルゴジラ誕生が分かる映画

・怪獣が出現した時の政府の対応が分かる

現代風に進化したゴジラ映画ということで楽しく観させていただきました!ゴジラの出現で慌てる人間の行動や雰囲気が少しエヴァに似てて自然と感情移入してました。「次はどこから出てくるんだろう…」というドキドキ感がずっとあり、出現したときの圧倒的存在感・強さは胸が熱くなります!昔からゴジラを知っている方も観ていただきたい!

(C)2016 TOHO CO.,LTD.

クローバーフィールド

とあるニューヨークの夜、日本への転属が決まり、赴任することになったロブ(マイケル・スタール=デヴィッド)のために、大勢の仲間たちがサプライズ・パーティーを開く。そのパーティーの最中、突然、とてつもない爆音が聞こえ彼らが屋上へ行くと、まるで爆撃を受けたかのようにニューヨークの街がパニックに陥っていた。シネマトゥデイ

この映画のオススメポイント

・「怪獣」というより「怪物」

・手ぶれによる酔い注意

・観る人によって解釈が分かれる映画

リアリティを求めすぎて映像のブレに酔う可能性がありますので要注意!ドキュメンタリーのような撮影の仕方なので、感情移入マッハです!怪獣というより怪物?がチラッっと見えたり…。チラ見せがこんなに怖いとは思いませんでした。良い意味でも悪い意味でも臨場感がやばい映画です!

Copyright (C) 2008 Paramount Pictures. All rights reserved.

モンスターズ/新種襲来

地球外生命体を乗せたNASAの探査機の空中大破により、メキシコにモンスターが生息し始めてから16年が経過。いまやモンスターの存在は、世界各地でも確認されている。そんな中、中東のある場所でモンスター駆除にあたっていたアメリカ軍の部隊の連絡が途切れるという事態が発生。その捜索と救出の任務を下されたフレイター軍曹(ジョニー・ハリス)率いる部隊が、現地へ向かう。アメリカ軍の対モンスター空爆の巻き添えを受けた武装勢力と戦闘を繰り広げつつ任務を遂行していくが、彼らの前に巨大なモンスターが姿を現す。シネマトゥデイ

この映画のオススメポイント

・死亡フラグ建ちまくり

・宇宙からの来訪者(モンスター)

・人間vsモンスター

モンスターのクオリティが気持ち悪いくらい高い!軍隊vsモンスターで戦闘シーンは圧巻です!ですが、人間vs人間のシーンが少し多い気がしました…。モンスターが途中で乱入してきて場をかき回すような感じでメインは人対人のお話なのが残念…。ストーリーは駆け足な展開が多いですが面白いので、モンスター少な目でもいいよ!って方はオススメ!

(C)Subterrestrial Distribution 2014

ランペイジ 巨獣大乱闘

ある遺伝子実験の失敗からゴリラやオオカミなどの動物が巨大化し、所構わず暴れだす。動物たちは、破壊活動を続けながら北米大陸を横断し、高層ビルが林立する街で大乱闘を繰り広げる。人々が逃げ惑う中、軍隊が出動し銃やミサイルで攻撃するが巨獣たちの暴走を抑えることはできず……。シネマトゥデイ

この映画のオススメポイント

・人間界のゴリラとゴリラの共闘

・巨大化しすぎてワロタ

・ストレス解消映画

まさかロック様とゴリラが共闘するなんて思わなかったwどっちがゴリラか分からないなんて思って無いけども(笑)ゴリラと意思疎通するシーンは何か胸が熱くなりました!ペットを飼ってる人は同じ感じになると思うw頭を空っぽにして見て欲しい映画です!

(C)2018 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.

タイタンの戦い

神々が世に君臨していたある時代。神々の王ゼウス(リーアム・ニーソン)の息子として生まれたが、人間として育てられたペルセウス(サム・ワーシントン)がいた。彼は世界を滅亡の危機から救うため、冥界の王ハデス(レイフ・ファインズ)を倒す戦いの旅に出る。そこには、悪魔や獣といった強敵との死闘が待っていた。シネマトゥデイ

この映画のオススメポイント

・リーアム・ニーソンver神

・神話好きにはオススメ

・神のアクション映画

ゼウス役が96時間でお馴染みリーアム・ニーソンということで期待していた作品。父ニーソンではなく、神ニーソンも良い!内容は良くある神話で、次の展開がなんとなく想像できますが、アクションは手に汗握りるシーンが多々あるので注目!てか、ゼウスキラキラすぎん?w

(C)2010 WARNER BROS ENTERTAINMENT INC AND LEGENDARY PICTURES

パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト

ジャック・スパロウ(ジョニー・デップ)は、海底の支配者として悪名高い、さまよえる幽霊船“フライング・ダッチマン”の船長デイヴィ・ジョーンズ(ビル・ナイ)に多額の借金があった。ジャックは自分自身の保身のため、仲間であるはずのウィル・ターナー(オーランド・ブルーム)やエリザベス・スワン(キーラ・ナイトレイ)を裏切ってしまい……。シネマトゥデイ

この映画のオススメポイント

・シリーズ最大の海の怪獣

・「海の中」を移動できる船が登場する映画

・海や島の風景が美しい映画

このシリーズは世界観が本当に好き!ジョニー・デップ演じるジャックのキャラがコメディ感出しつつシリアスな境遇でいつの間にか目で追ってしまいます。シリーズの中で一番デカイ怪獣が登場するのが今作で、できれば前作から観ているほうが今後のシリーズも楽しめますのでオススメです!

BuenaVistaPictures/Photofest/MediaVastJapan