マーベル

【マーベル】MCU映画全20作品!公開順にまとめ!【感想・レビュー】

「アイアンマン」でお馴染みマーベルヒーローたちをご紹介!

マーベルヒーローってなんぞやって方用に↓

アメリカン・コミックの「マーベル・コミック」を原作としたスーパーヒーローの実写映画化作品を、同一の世界観のクロスオーバー作品として扱う作品群。 世界で最も大きな興行的成功を収めている映画シリーズ…wiki

シリーズ映画の中で当たりハズレがあるのは正直仕方がないことだけど、このマーベルシリーズは本当にハズレがない!この作品たちを未鑑賞の方が羨ましいです…。

ストーリー、グラフィック、個性、どれをとっても最高なので絶対おすすめ!

アイアンマン

億万長者で発明家の軍需産業会社社長トニー・スターク(ロバート・ダウニー・Jr)は、視察に訪れた軍のキャンプでテロリストの奇襲に遭い、胸を負傷してしまう。やがて自分の会社の兵器がテロリストに悪用されている衝撃の事実を知ったトニーは、自ら戦闘用のスーツを作り、“アイアンマン”となってテロリストに闘いを挑む。シネマトゥデイ

この映画のオススメポイント

・世界に1つしかないパワードスーツ

・現代に実現可能な科学技術の登場

・女垂らしの天才主人公

軍需企業スタークインダストリーズの社長であるトニースタークが自分が今まで作り出した兵器により多くの人が苦しめられていることを知る。

それに対抗する兵器として世界に1つしかないパワードスーツを作ります。そのスーツがとてもカッコいい。

「戦車の砲弾が当たっても壊れない強靭さ」「空を飛ぶ」「ミサイル攻撃可能」とまさに最強!10年前の映画ですが、トニーの発想は声に応答するAIなど現代のSiriやAlexaに通ずるものがあります。最先端の科学技術が搭載されたパワードスーツにご注目ください!

(C) 2008 MVLFFLLC. TM & (C) 2008 Marvel Entertainment. All Rights Reserved.

インクレディブル・ハルク

ブルース・バナー博士(エドワード・ノートン)は緑色の巨人ハルクに変身する能力を隠して生活する日々を送っていたが、ハルクの変身の秘密を知ったテロリスト(ティム・ロス)が怪人アボミネーションと化し、ニューヨークの街を襲う。恋人ベティ(リヴ・タイラー)と街を守るため、ブルースはハルクに変身して危機に立ち向かう。シネマトゥデイ

この映画のオススメポイント

・ハルクの無双な暴れっぷり

・誰が観ても面白く楽しめるアクション映画

・ハルクが全てを破壊する爽快感

今作はアメコミのマーベルコミックの同名コミックの「ハルク」の第2実写映画化作品

放射線科学者のブルース・バナーは兵士強化実験でキャプテンアメリカの能力の基となる「超人血清」を再作成するために研究の成功を確信してブルース自ら完成した血清を投与します。

ですが、実験は失敗してブルースは超人的な怪力と耐久力、持久力、身体能力を持つ緑色の巨人「ハルク」に変貌してしまうのが始まり。

今作は前作の「ハルク」よりもハルクの暴れっぷりがフォーカスされておりブルースとハルクの変身の葛藤とハルクの無双アクションが誰が観ても分かりやすく描かれており観ていてかなりストレス発散になります(笑)

(C)2008 MVLFFLLC. TM & (C)2008 Marvel Entertainment. All Rights Reserved.

アイアンマン2

パワード・スーツ受け渡しの国家命令を拒否した科学者兼経営者のトニー・スターク(ロバート・ダウニー・Jr)。ある日、トニーの前にウィップラッシュ(ミッキー・ローク)なるアイアンマンと互角のパワーを持つ敵が現れたことから、トニーは再びパワード・スーツに身を包みアイアンマンとして立ち上がる。シネマトゥデイ

この映画のオススメポイント

・パワーアップしたパワードスーツ

・トニーとハワードの父と子の家族

・アークリアクターを作り出した新たな人物

何といっても、パワードスーツのバージョンアップが見どころ!

今まではその名の通りスーツのように着ていたパワードスーツがアイアンマン2では鞄型に小型化し、持ち歩けるようになっているという(笑)トニーが鞄を開けその中に手を入れることで、鞄が変形し、それ自体がスーツになります。

また本作ではスタークがアークリアクターの動力源であるパラジウムの代わりとなる新しい元素を生み出します。その元素を生み出すきっかけもちょっと感動するシーンとなっていますので見どころです!

ParamountPictures/Photofest/ゲッティイメージズ

マイティ・ソー

神の世界では最強の戦士といわれていたものの、横暴でごう慢な性格が災いとなり、地球へ追放されてしまったソー(クリス・ヘムズワース)。神の世界での力を失ってしまったソーに凶悪な敵たちが次々と襲い掛かり、ソーは地球でも戦いの日々を送ることに……。シネマトゥデイ

この映画のオススメポイント

・神の国から来たヒーロー!

・一見弱そう?そんな事なく協力無比な武器のハンマー!

・弟ロキとの果てしない兄弟喧嘩勃発!?

今ではアイアンマンやキャプテン・アメリカと並んでマーベル映画を率先する存在となっているマイティ・ソーのデビュー作!

傲慢な性格だった神々の国・アスガルドの王子「ソー」が地球に追放された際、地球人とのふれあいの中でヒーローとして目覚めていく王道ストーリーになっております。

他にも、神々が住むアスガルドという科学力で生まれたアイアンマンやハルクから一転したファンタジーさと世界観の拡大が制作陣の懐の大きさを物語る形になりました。

また、ソーのシリーズ自体も弟ロキがいつ○○のかという別の意味でのハラハラした展開も見どころになりました(笑)

ParamountPictures/Photofest/ゲッティイメージズ

キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー

第2次世界大戦中の1942年、スティーブ(クリス・エヴァンス)は、各地に進攻するドイツのヒドラ党と戦うことを望んでいた。もともと病弱な彼は入隊を何度も却下されていたが、ある日、軍が秘密裏に行う「スーパーソルジャー計画」という実験に参加することになる。その実験の被験者第1号に選ばれた彼は、強じんな肉体を持つ「キャプテン・アメリカ」へと変ぼうを遂げる。シネマトゥデイ

この映画のオススメポイント

・一人の青年の正義がアメリカの正義になる!

・100年続く友情の始まり

・正義を貫くキャプテンに心動かされる

身体は貧弱ですが、正義感がとても強い青年「スティーブ・ロジャース」が、超人血清の実験を受け「キャプテン・アメリカ」になり、第二次世界大戦中にアメリカのヒーローとして活躍する物語です。

ひ弱なスティーブ青年が心はそのままにずっと正義感を貫く姿は時に暑苦しくもありますが、感動ものです!

トニー・スターク(アイアンマン)の父親であるハワード・スタークが登場したりと、マーベルシネマティックユニバースの片鱗を見せる作品で、ストーリーが緻密に作られていることが分かり感心しました。これから100年に渡って続くバッキーとの友情も見逃せません!

(C)2010 MVLFFLLC. TM & (C) 2010 Marvel Entertainment, LLC and its subsidiaries. All rights reserved.

アベンジャーズ

人知を超えた悪によってひそかに進められる地球壊滅の陰謀。それを食い止めるべく、大富豪で天才発明家アイアンマン(ロバート・ダウニー・Jr)、神々の国から地球ヘと追放された雷神ソー(クリス・ヘムズワース)、感情の爆発によって容姿を激変させる科学者ハルク(マーク・ラファロ)などを集めた部隊アベンジャーズが結成される。しかし、各々が抱えているつらい過去や苦悩が浮き上がっては衝突し合うようになり、人類史上最大の危機に立ち向かうチームとしての機能が消失しかけていた。シネマトゥデイ

この映画のオススメポイント

・マーベルヒーロー集合

・シールドの巨大戦艦

・ロキ率いる宇宙人チタウリ軍

アベンジャーズは1番最初のマーベルヒーロー全員が集合する作品!この作品からマーベル映画を知った方も多いのでは?私もその一人です(笑)

ロキ率いる宇宙人チタウリ軍と人類の戦いが本作では紹介されています。アイアンマンの科学技術を駆使した攻撃やハルクの暴れっぷり、ソーのムジョルニアなど各キャラクターの強さがこれでもかと表現されています。クロスオーバー作品だからできる夢の共演という奴ですね!

特に本作から登場する弓使いのホークアイの弓さばきは神がかっていて見ていて面白かった!またヒーローだけではなくシールドが保有する巨大戦艦についても注目してみてください。マジでかい

TM & (C) 2012 Marvel & Subs.

アイアンマン3

スーパーヒーローで編成された部隊アベンジャーズの一員として戦い、地球と人類を滅亡の危機から救ったアイアンマンことトニー・スターク(ロバート・ダウニー・Jr)。だが、アメリカ政府はスーパーヒーローが国の防衛を担うことを危険視するようになり、それを契機に彼はアイアンマンの新型スーツを開発することに没頭していく。そんな中、正体不明の敵によってスターク邸が破壊され、これまでのアイアンマンが全て爆破されてしまう。何もかも失ったスタークだが、人並み外れた頭脳を武器に孤独な戦いに挑む。シネマトゥデイ

この映画のオススメポイント

・アイアンマン及びマーベル映画におけるターニングポイント!

・クライマックスで登場!圧巻のあの軍団!

・まさかのポッツの活躍!

以降のマーベル作品でもアイアンマンの活躍は続いているとはいえ、アイアンマン単独としては最終作にあたる一本(´;ω;`)

アベンジャーズにおけるニューヨーク決戦後更なる脅威の襲来に怯えたトニー・スタークがスーツ依存症のような状態になる中、かつてない危機を迎える事になります…。

そんな中「アイアンマン2」の敵ウィップラッシュの背後にいた黒幕との決着などが描かれ、マーベル映画としても「フェーズ2」の開始となる大きなターニングポイントを迎えた作品となりました!

(C)2013 MVLFFLLC. TM & (C)2013 Marvel. All Rights Reserved.

マイティ・ソー/ダーク・ワールド

アベンジャーズの一員として、ソー(クリス・ヘムズワース)がニューヨークで激闘を繰り広げてから1年。ロンドンで謎の重力異常が起き、その調査を天文物理学者ジェーン(ナタリー・ポートマン)が行うことに。しかし、その過程で地球の存亡を左右するダークエルフのパワーを宿してしまう。愛する彼女を救うすべを探ろうと、ソーは彼女を連れて神々の世界アスガルドへと向かうが、それが家族や故郷にも危機をもたらしてしまう。窮地に陥った彼は、血のつながらない弟ロキ(トム・ヒドルストン)に助けを求める。シネマトゥデイ

この映画のオススメポイント

・神話をベースにしたアスガルドの神秘的な世界観が魅力的

・兄であるソーと弟ロキのコミカルな掛け合いが楽しい

・クライマックスのスピード感が爽快

「アベンジャーズ」でヴィランとして立ちはだかった「ロキ」が、兄である「ソー」と立ち並んで戦う様が見もの!

二人の掛け合いはもちろん、いつ裏切ってもおかしくないロキの動向に注目しながら観るのが楽しいw

やつれたロキの姿も見れるし、「トム・ヒドルストン」のファンにとっても、彼の多様な一面を見ることができる必見の映画だと思います。

作中に登場するエーテルが後々のマーベルシリーズに関わってくることもあり、やはりチェックしておきたい作品。

(C)2013 MVLFFLLC. TM & (C)2013 Marvel. All Rights Reserved.

キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー

アベンジャーズのメンバーとして戦ってから2年、キャプテン・アメリカ(クリス・エヴァンス)はS.H.I.E.L.D.(シールド)の一員として活動していた。ある日、キャプテン・アメリカとブラック・ウィドウ(スカーレット・ヨハンソン)を世界屈指の暗殺者ウィンター・ソルジャーが襲撃。さらにウィンター・ソルジャーの正体は、キャプテン・アメリカの親友で第2次世界大戦で亡くなったバッキー・バーンズ(セバスチャン・スタン)で……。シネマトゥデイ

この映画のオススメポイント

・人間味のあるバトルシーン

・キャップとウィンターソルジャーとのヒューマンドラマ

・フェニックスの初登場シーン

キャプテンアメリカシリーズの2作目であり、アイアンマンとキャプテンアメリカが対立するきっかけとなる物語を描いたものになります。

前作1作目はキャプテンアメリカの誕生の物語だったことに対して今回の作品は、キャプテンアメリカが現代でちゃんとヴィランと戦うというところがポイントになります。

少し地味目な映画となっていますが、ストーリーの内容は見ごたえのあるものとなっておりキャプテンアメリカの心情がひしひしと伝わってくる映画となっています!

(C)2014 Marvel. All Rights Reserved.

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー

自らスター・ロードと名乗るトレジャーハンターのピーター・クイル(クリス・プラット)。ピーターは無限の力を持つパワーストーンのオーブを入手するものの、その後逮捕され刑務所にぶち込まれてしまう。ピーターは天才メカニックのロケットら刑務所で出会った仲間と脱獄するも、オーブの力で宇宙を滅亡させようとする強大な悪と戦うこととなり……。シネマトゥデイ

この映画のオススメポイント

・最新のSFXで描かれる攻防戦!

・個性的な主人公たちの軽妙なやり取り!

・映像にマッチした絶妙な音楽のチョイス!

とにかく見ていて楽しい!ドキドキハラハラする!銀河系の危機を守る!という壮大なるテーマの作品。

なのに、なぜか「軽いノリ」の主人公たちが素敵過ぎてクセになる作品です(笑)

監督による音楽のチョイスも最高で、主人公だけでなく「ガーディアンズ」のメンバーそれぞれが個性全開の曲者揃いで、見ているうちにどんどん魅力的に感じて来ます!

広大な宇宙でも個性的な面々が集まっての大活劇、これは本当におすすめです!

(C)2014 Marvel. All Rights Reserved.

アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン

人類の危機的状況を何度も打破してきたアイアンマンことトニー・スターク(ロバート・ダウニー・Jr)は、平和維持システムとしての人工知能“ウルトロン”を誕生させる。人類を脅威から守るために完成させたウルトロンであったが、平和を脅かす唯一の存在は人類だと結論付け、抹消しようとする。シネマトゥデイ

この映画のオススメポイント

・新メンバーのワンダとピエトロの活躍と心情

・ハルクVSハルクバスターの必見の場外乱闘シーン

・終盤のソコヴィアでの全員での戦闘シーン

今作はアメコミのマーベルコミックの実写映画プロジェクトの集大成とも言える映画「アベンジャーズ」の第2作品目

今作も「アイアンマン」「キャプテンアメリカ」「マイティ・ソー」「ハルク」などが出演します。

個人的にこの映画は映画史上最高峰の作品の1つだと思えるほどの完成度です。

今作では新しいアベンジャーズメンバーに”クイックシルバー”こと「ピエトロ」が参加します。彼はヒドラという悪の秘密結社による人体実験で超人的な超高速移動能力を持つヒーローになり、作中でもピエトロの活躍が素晴らしいのです。しかし…。(詳細は映画で)

(C)Marvel 2015

アントマン

仕事や人間関係がうまくいかず、頑張ろうとすればするほど空回りしてしまうスコット・ラング(ポール・ラッド)。別れた妻が引き取った娘の養育費も用意することができず、人生の崖っぷちに立たされた彼のもとにある仕事が舞い込んでくる。それは肉体をわずか1.5センチに縮小できる特殊なスーツをまとい、正義の味方アントマンになるというものだった。スーツを着用した彼は、ヒーローとして活躍するために過酷なトレーニングを重ねていくが……。シネマトゥデイ

この映画のオススメポイント

・ヒーローはバツイチ子持ち前科持ち??

・娘のために一念発起!パパはヒーローになる。

・1.5センチの超ミニミニバトル!

バツイチ子持ち前科持ち!ヒーローにはあるまじき?スペックの男「スコット・ラング」が主人公!

マーベル作品の中では、ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーと共に笑える、コメディ路線も含んだ作品になっております(笑)

出所してもバイトをすぐにクビになるような、落ちこぼれのスコットですが、可愛い娘のキャシーのために一念発起!1.5センチまで小さくなることが出来る「アントマン」になる事を決意!果たして理想のお父さんになれるのか!?とスコットの活躍に注目です!

「観た後にほっこりしたい人」「娘さんがいるお父さん」に特にオススメできる作品です!

(C)Marvel 2015

シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ

アベンジャーズのリーダーとなった、キャプテン・アメリカ(クリス・エヴァンス)。しかし、彼らが世界各地で繰り広げた戦いが甚大な被害を及ぼしたことが問題になる。さらに、それを回避するためにアベンジャーズは国際的政府組織の管理下に置かれ、活動を制限されることに。アイアンマンことトニー・スターク(ロバート・ダウニー・Jr)はこの処置に賛成するが、自発的に平和を守るべきだと考えるキャプテン・アメリカはそんな彼に反発。二人のにらみ合いが激化していく中、世界を震撼(しんかん)させるテロ事件が起きてしまう。シネマトゥデイ

この映画のオススメポイント

・キャプテン・アメリカとアイアンマンが対立!

・ヒーロー達が大集合!

・アイアンマンの父の死の真相が明らかに!

キャプテン・アメリカシリーズの1作品目!

マーベル映画に登場するヒーローのほとんどが出演する豪華な作品です。さすがキャプテン。

キャプテン・アメリカとアイアンマンがそれぞれの主張のために対立し、各ヒーローもどちらかの陣営についてヒーロー同士で戦うという衝撃的な展開です。

アイアンマンが戦闘能力では一歩上をいっているイメージでしたが、近接戦でのキャプテンの怖さをこれでもかというくらい思い知らされます。終始見所だらけなので、ぜひご鑑賞を!

(C)2016 Marvel All rights reserved.

ドクター・ストレンジ

ドクター・ストレンジ(ベネディクト・カンバーバッチ)は、天賦の才能を持つ脳外科医として名をはせていたが、ごう慢さが玉にきずだった。彼は地位も名誉もリッチな生活も手に入れていたが、交通事故によって全てをなくしてしまう。神の手と崇拝された両手の機能を取り戻すため、高額な治療を繰り返すが……。シネマトゥデイ

この映画のオススメポイント

・元外科医の性格難あり主人公

・空飛ぶマントと主人公

・幽体離脱での戦闘

ドクターストレンジ演じる「ベネディクトカンバーバッチ」がカッコいい!低い声とダンディな髭がたまりませんでした(笑)

また性格のあまり良く無い外科医というキャラも定着していて個性も申し分ない。

特に戦闘シーンでは、現実世界の建物が「曲がる」「歪む」「折り畳まる」といった複雑な条件の中で戦闘を繰り広げられます。そういった描写が現実から離れた魔法使いの戦闘を表現しており、見ていて本当に面白かった!

また魔術だけではなく、身体を使った体術での戦闘もあり「こいつ最強やん…」ってなりますよw

(C)2016 Marvel. All Rights Reserved.

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス

ピーター(クリス・プラット)は“ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー”のまとめ役として、刑務所で出会ったくせ者たちを率いている。宇宙一荒っぽいアライグマのロケットは、ブツブツ文句を言いながらも小さな相棒ベビー・グルートと共に銀河の平和を守るために奮闘。緑色の肌を持つ美しい暗殺者ガモーラ(ゾーイ・サルダナ)らと共に行動し……。シネマトゥデイ

この映画のオススメポイント

・ヨンドゥのみせる漢気に涙!

・抱腹絶倒のガーディアンズ・オブ・ギャラクシー のチームプレー!

・ベイビーグルートの可愛さに母性本能全開!

宇宙一の落ちこぼれ軍団「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」一行は、前作での戦いを経て家族となります。

そして、今作の一番のキーワードはズバリ「父親」。クイルの実の父親「エゴ」が登場し、クイルたちはエゴの星に歓迎されます。しかし、エゴは今作の悪役でもあるのです。

実の父親の陰謀を知ったクイルは育ての親であるヨンドゥと共闘することになります。自他の親と育ての親。

クイルとヨンドゥ、それぞれの選択に涙が止まりません。

そして忘れてはいけない!ベイビ・ーグルートの可愛さ!オープニングから彼の魅力にどっぷりとハマれます。ロケットとの親子のような関係、ガモーラとネビュラの姉妹関係など。

ヒーロー達の複雑な家庭環境もひとつの見どころです!

(C)Marvel Studios 2017

スパイダーマン:ホームカミング

15歳の高校生ピーター・パーカー(トム・ホランド)は、まるで部活動のようなテンションでスパイダーマンとして活動していた。まだ若い彼の才能に気付いたアイアンマンことトニー・スターク(ロバート・ダウニー・Jr)は、ピーターを真のヒーローとして育てようとする。スタークに新しいスーツを新調してもらったピーターは、意気揚々と街へ乗り出し……。シネマトゥデイ

この映画のオススメポイント

・新生スパイダーマンは高校生!

・アイアンマンも登場するぞ!

・一人の若者の成長記録

全く新しい”スパイダーマン”が登場!今までの設定を一新して、主人公の「ピーター・パーカー」が努めます!

そして、どうやら能力は既に備わっていたようで、”アイアンマン”こと「トニー・スターク」に発見され、大興奮で「シビル・ウォー」に参戦した後日談が描かれています。

何といっても”ピーター”を演じる「トム・ホランド」の初々しさがピッタリ!力を持ってしまったための、若さゆえの暴走なども伺え、そこに登場する先輩ヒーロー”アイアンマン”との掛け合いや、ヒーローとしてのピーターの取る選択など一人の若者のヒューマンドラマとしても楽します。今までの設定は一度忘れて楽しんでみてください!

(C)Marvel Studios 2017. (C)2017 CTMG. All Rights Reserved.

マイティ・ソー バトルロイヤル

アベンジャーズのメンバーであるソー(クリス・ヘムズワース)の前に、邪悪な敵ヘラ(ケイト・ブランシェット)が出現する。ヘラはソーの武器ムジョルニアを破壊し、ソーを宇宙の果てへと飛ばしてしまう。とらわれの身となったソーは、脱出を懸けてチャンピオンと対決することになり、彼の前に現れたのは……。シネマトゥデイ

この映画のオススメポイント

・脳筋!ソーもコメディ路線へイメチェン!

・ソーロキの最大の敵は姉のヘラ!姉がいるなんて聞いてないよ〜!

・行方不明になっていたハルク再登場!

前2作と比べて、なんだかお笑い路線に変更したような?と最初は違和感を感じるかもしれません。ですが、段々とその賑やかな世界観にハマっていきますのでご安心を!

ソーも髪を切ってイメチェンし、ダンディな感じに。「エイジ・オブ・ウルトロン」以降ハルクはどこに行ってたんだ?という謎も今作で明らかになります。そして、ソーとロキには恐ろしい姉「ヘラ」がいたことが明らかに…。

神様達にも色々な家庭問題があるようで見所の一つです(笑)

ソー達を助ける女騎士の「ヴァルキリー」、革命を起こそうとする「コーグ」と「ミーク」、バトルロイヤルを仕切る「グランドマスター」など、個性豊かすぎるキャラクター達が登場します!今作はインフィニティ・ウォーに直接繋がっている作品ですのでチェックを!

(C)Marvel Studios 2017 All rights reserved.

ブラックパンサー

アフリカの秘境にあるワカンダで産出される鉱石ヴィブラニウムは、全てを破壊してしまうほどのパワーを持つ。歴代の王は、悪用されないように鉱石の存在を極秘にしていた。若くして王になったティ・チャラ(チャドウィック・ボーズマン)は、謎の男エリック・キルモンガー(マイケル・B・ジョーダン)がワカンダに潜入しようとしていることを知り……。シネマトゥデイ

この映画のオススメポイント

・初のアフリカ系ヒーロー!

・サントラがドープなヒップホップ尽くし!

・マーベル映画の文明・技術の最先端

初のアフリカ系ヒーローとして話題となり、過去に実在した自由民権団体と同じ名前であるブラックパンサーが主人公!

インフィニティウォーで「決戦の地」となる”ワカンダ”で繰り広げられる王族同士の死闘。スーパーヒーローとして、王を継ぐものとして、「力」を持つ者が歩むべき正しい道を示してくれる作品だと思います。

村出身っぽいからと侮ってはいけません。登場する技術はどれもマーベル映画史上最先端といえるほど凄いです!

(C)Marvel Studios 2017

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー

それぞれ異なるパワーを持つインフィニティ・ストーンが六つそろうと、世界を滅ぼせるほどの力が得られるという。アイアンマン(ロバート・ダウニー・Jr)、キャプテン・アメリカ(クリス・エヴァンス)、スパイダーマン(トム・ホランド)らアベンジャーズはほかのヒーローたちと共に、インフィニティ・ストーンを手に入れようとたくらむサノス(ジョシュ・ブローリン)に立ち向かうが……。シネマトゥデイ

この映画のオススメポイント

・大人気アベンジャーズシリーズ3作目にして集大成

・過去最大数のヒーローが集結

・宇宙全体を巻き込んだ最大スケールのヒーロー映画

アベンジャーズシリーズ3作目の本作は、「アイアンマン」「キャプテンアメリカ」を始めとする過去最大数のヒーローが集結し、最凶ラスボス「サノス」に挑むヒーロー好きの心をくすぐる作品です!

インフィニティストーンを5個集め指パッチンをすると宇宙人口の半分が消え去る、そんな力をサノスは追い求めます。それを阻止しようとヒーローが力を合わせて戦う姿は胸が熱くなります!

地球だけでなく、宇宙全体を巻き込んだ壮大なスケールの中、ヒーロー達はどのようにして宇宙最強のサノス軍団を打ち倒すのか常に映像から目が離せません。想像を絶するスケールにヒーロー好きならたまらず嬉し泣きしてしまう可能性あり!

(C)Marvel Studios 2018

アントマン&ワスプ

元泥棒で離婚歴もあるアントマンことスコット・ラング(ポール・ラッド)はFBIの監視下にあり、最愛の娘ともなかなか会えずにいた。ある日、新型スーツでパワーを手にしたワスプことホープ・ヴァン・ダイン(エヴァンジェリン・リリー)と、アントマンスーツの開発者ハンク・ピム博士(マイケル・ダグラス)が彼を訪ねてきてスコットに助けを求める。シネマトゥデイ

この映画のオススメポイント

・2代目「ワスプ」ホープが大活躍!

・量子世界に残されたジャネットを救え!

・衝撃の展開!エンドロール後もお見逃しなく。

「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」が公開された後の作品なので、心配していたけれど「なんだいつものアントマンだ!」と一安心。

今作は、ホープが「ワスプ」として大活躍を見せてくれます!カッコいいアクションに女性でも惚れ惚れしてしまうこと間違いなし!しかし、そんな彼女の前に同じく女性ヴィランの「ゴースト」が登場。

過去に量子世界に取り残されたホープの母親「ジャネット」と関係があるようです。前回に増して大きくなったり小さくなったり巨大になったりと、作品のスケールも大きくなっていて前作よりも楽しめますよ♪

特に好きなシーンは坂の多い”サンフランシスコ”の街を爆走するカーチェイスするシーンです(笑)迫力満点で是非観ていただきたい!

次作、アベンジャーズ/エンド・ゲームに繋がる重要な展開がありますので、シリーズを観ている方は要チェックです!

(C)Marvel Studios 2018